母の日には日頃の感謝の気持ちを伝えよう!

アメリカのアンナ・ジャービスさんが始めた母の日は、1947年に日本に到来後5月の第2日曜日と制定されました。母の日にはカーネーションを贈るとされていますが、アンナさんや彼女の母が好きだったことから今でもカーネーションを贈る習慣があると言われています。また現在では花の種類も増えてきたため、カーネーションだけでなくあじさいやバラなど様々な花を贈る家庭も多いとされています。母の日にはカーネーションを贈る日と根付いていますが、母に感謝を表す日でもあります。

日本の母の日と海外の母の日の違い

日本と海外の母の日

母の日は国によって行われる日が違います。日本では5月の第2日曜日に母の日を祝いますがイギリスではイースター・サンデーという日のの2週間前の日曜日に行われます。またアメリカでは日本と同じように5月の第2日曜日に行われます。これは母の日がアメリカから始まったことが関係しています。

日本と海外のプレゼントの違い

日本では母の日にカーネーションを贈る習慣が定着していますが違うものを贈る国もあります。オーストラリアでは花を贈る場合は菊を贈ります。またオーストラリアで母の日は一大イベントとされています。またアルゼンチンではカーネーションだけでなく季節の花などを贈ります。

カーネーション以外のギフトも人気

母の日は、カーネーションを贈る日と定着していますが、現在では他の贈り物をする人も増えています。一緒に食べることができるグルメや好きなものを選ぶことができるカタログギフトが人気です。カタログギフトの場合はメッセージカードを添えることで特別感を出すことができます。また花を送る場合であってもカーネーションではなくあじさいやバラを贈ったり、カーネーションの色を変えて贈ったりする人も増えています。しかし花を贈る場合は種類や色によって花言葉が違うので事前に調べておく必要があります。

母の日に贈ると喜ばれるプレゼント3選

女性

家電や小物・コスメ

家電や小物・コスメは母の日のプレゼントとして選ぶ人も多く喜ばれやすいとされています。調理用具などの家電やコスメの場合は日常生活でも使うことができます。また小物の場合も傘や片付けグッズなど普段使う回数が多いものは人気とされています。家電や小物を選ぶときは実際に購入した人のレビューを確認したり、使い方や手入れ方法を確認したりすることが大切です。

フラワーギフト

カーネーションは母の日の定番とされていますが、アンケートでは母の日に貰って嬉しかったプレゼントの1位が花だったなど選ぶ人は多いと言われています。花には花言葉があり、種類や色によって違うので好みだけでなく花言葉を意識することが大切です。カーネーションの場合花言葉は、赤い花は「母への愛」、紫色の場合は「気品」など良い言葉ですが、黄色の花は「軽蔑」、白い花の場合は「純粋な愛」ですが亡くなってしまった母に送る花など悪い意味になってしまうので注意しなければいけません。

カタログギフト

カタログギフトは受け取った母が自分で決めることができるので、贈ろうとしているものがすでに持っているかもしれない場合や贈るものが決まらないときなどに良いとされています。また予算によって中身を変えることもできます。カタログギフトを贈る際は手作りのお菓子やメッセージカードを添えると特別感を出すことができます。

カーネーションだけじゃない!母の日のプレゼントを選ぶコツ

親子

母の日のプレゼントはインターネットで購入できる

母の日のプレゼントは実店舗だけでなくインターネットでも購入することができます。特にグルメなどの場合は遠くから取り寄せることもできるので気に入った商品を贈ることができます。またカタログギフトの場合も、実店舗でも購入できますがインターネットを使うことで簡単に購入することができます。インターネットを使った場合、簡単に購入することができますが花など実際に色や見た目を自分で見てから購入したほうが良い場合もあります。